不思議な香りを創る工房 ー 空想調香店 ー

今日がスペシャルな1日になる香りってありますか?/うれしい1日をつくる魔法

 

ダウンロードして質問に答えると5分であなたに合った香りのタイプがわかります

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分らしく生きるには」ということに興味が湧き、それを表現する手段として香りのデザインを学びました。これからは「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、自分らしさを発信する方の手助けができればと思っています。

 

あたしの日常は全く変化がない。

変化があるのは、平日と休日の2種類のみ。仕事がある平日はほとんど記憶に残らない。
週休2日の休日も楽しみだけど、結局、記憶にも記録にも残らない。

 

まるで人生が2色で色分けされただけのように感じる。でも、今日も「日常」は、やってくる。

 

スペシャルな1日は、つくることができる

 

あたし:
「あの〜、ごめんくださぁい」

 

店主:
「はいはい、どうぞ」

 

あたし:
「あのー、今日がスペシャルになる香りってありますか?」

 

店主:
「今日がスペシャル?」

 

 

あたし:
「そう、今日がスペシャルになる香り。香りを嗅ぐとスペシャルな1日になるの」

 

店主:
「一生のうち、同じ1日なんて、二度と巡ってきませんよ? 毎日がスペシャルです

 

 

あたし:
「厳密にはそうかもしれないけれど、あたしにとっては毎日、同じような1日だもの」

 

店主:
「特別な毎日を、さらにスペシャルにするのはハイレベルですね」

 

 

あたし:
「・・・ってことは、そんな香りは、ない、ってことですか」

 

店主:
「いや、、、ありますよ。実はあります」

 

 

あたし:
「あるなら、もったいぶらないで早く教えて欲しいです」

 

店主:
「そこにありますよ」

 

 

 

 

あたし:
「どこですか? 同じような小瓶がたくさんありますが」

 

店主:
「そっちの小瓶ではなくて、こっちのテーブルです」

 

 

あたし:
「これ、バラの花じゃないですか」

 

店主:
「よくわかりましたね! バラです。花の女王と言われるバラですよ」

 

 

あたし:
「バラの香りは素敵だけど。でも、だからと言って、スペシャルにはならないです! 」

 

店主:
「バラの香りは300種以上の芳香成分が含まれていて、ゲラニオールやシトロネロールが、いわゆるバラの甘い香りの特徴を表し・・・・・」

 

あたし:
「そういうのは、いいです! とにかくスペシャルになりたいんです、今日という1日を! 」

 

店主:
「このバラから採った香りが、このちっちゃい小瓶に入っています。 バラの花とセットの珍しいフレグランスですよ」

 

 

あたし:
「いくらお花とセットでも、さっきも言った通り、スペシャルになるとは思えません」

 

店主:
「確かに。でも、ちょっとしたことで、いきなり、ものすごいスペシャルになります」

 

 

あたし:
「えっ! スペシャルになるの??」

 

店主:
「なります」

 

 

今日をスペシャルにする方法があった

 

 

あたし:
「これを、どう使ったら、スペシャルになるの? 教えてくれたら、すぐに買うわ! 」

 

店主:
「買ってくれたら、教えます」

 

 

あたし:
「えぇーー、そんなの難しすぎる方法だったら、困るもん! 」

 

店主:
「簡単ですよ。小学生でもできることです」

 

 

あたし:
「そんなに簡単なことで、スペシャルになるのですか!? なんか、あやしい・・・」

 

店主:
「あやしくないです。お花がセット、というところがポイントです」

 

 

あたし:
「わかりました。今日がスペシャルになるなら、これ、持って帰ります」

 

店主:
「ありがとうございました。じゃぁ、こちらのピンク色のでいいですか? 」

 

 

あたし:
「はい、いいです」
「…で、買いましたよ。スペシャルになる使い方、教えてください! 」

 

店主:
「まずは、ワンプッシュして香りを嗅ぎます

 

 

あたし:
「いい香り。でも、まだスペシャルにならないです」

 

店主:
「慌てないでください。あとふたつ、やることがあります」

 

 

あたし:
「えー、あとふたつも!? 」

 

店主:
「簡単なことです。おうちに帰るまでには終わりますよ」

 

 

あたし:
「で、あとふたつは? 」

 

店主:
「ひとつめは、このお店に来た道とは違った道順で帰ること」

 

 

あたし:
「まぁ、それは別に大したことじゃないけど。でも、意味わかんない」

 

店主:
「意味はわからなくていいです。それもおうちに着く頃にはわかるから」

 

 

あたし:
「で、もうひとつのやることは? 」

 

店主:
「おうちに帰るまでに、そのお花を、誰か知らない人にあげてください

 

 

あたし:
「ええぇー、なにそれ!?  いやですよ、そんなの! ヘンな人みたいに見られるじゃないですか! 」

 

店主:
「ぜんぜん変な人じゃないですよ。お花をプレゼントするなんてステキじゃないですか」

 

 

あたし:
「え〜〜〜〜〜〜…」

 

店主:
「とにかく、おうちに帰る途中でそのバラを誰かにプレゼントしてください」

 

 

あたし:
「・・・・・。」

 

店主:
「今日がスペシャルな日になるから」

 

知ったことを実行するには勇気がいる

 

あたしは、なんかすごい緊張感と、そわそわした感じが、ごちゃ混ぜになったような変な気持ちでお店を出た。

 

ワンプッシュの香りをチェックする。

それから、来た時とは違う道を選んで帰る。これはできるよ。

でも、お花を知らない人にあげるなんて、そんなことやったことがないし。

気持ち悪がられたらどうしよう…と思う。だいたい、無理でしょ、そんなの。

 

 

来た時とは違う道を歩いてみた。ちょっと遠回りだけど、こっちの通りのほうが緑が多いんだね…。

 

何人か知らない人にもすれ違った。

でも、どうもムリ・・・。

 

こんなに、ドキドキしながら家路についているあたしがいるなんて、みんな知らないだろうな。

この街で、あたしだけがそわそわしている。

そして、少しゆっくり歩いている自分に気づく。

 

駅までもう少し。でも、まだまだ歩いていたい。だって、お花をあげる人が見つからないんだもの。

 

 

あー、結局、駅についてしまった。

だいたい、歩いている人を呼びとめること自体が難しいし、恥ずかしいし。。。





 

そんななか、駅の改札近くで立ち止まっている会社員風の人がいた。なんだか疲れていて、不機嫌そうだ。

この人はちょっと、やめておこう。

 

・・・でも、ここで逃すと、立ち止まっている人って、なかなかないんじゃない?

電車の中で誰かにあげるのは、そっちのほうがハードル高いでしょ。

 

あたし:
「あの〜、すみません…」

 

会社員風の人:
「は、はい…」

 

 

あたし:
「あの〜、これ。お店でもらったんですけれど、、、あげます! 」

 

会社員風の人:
「えっ、いや、、、あの…」

 

あたし:
「えっ、いや・・・あのぅ…」

 

 

会社員風の人:
「・・・。」

 

あたし:
「あの、そういうルールになっていて。知らない人にプレゼントするっていう…」

 

会社員風の人:
「あ、ありがとうございますっ! びっくりしたもので。こんなことって普通ないから・・・」

 

あたし:
「いえいえ、いいんです。そういうルールなんで・・・。でも、受けとってくれてありがとうございます!」

 

会社員風の人:
「ありがとうございます。これ、持って帰ります! 」

 

小さな花をプレゼントした瞬間、今日がスペシャルになった

 

うわ〜ん、緊張したぁ!

でも、渡すことができてよかった。任務完了!

 

それにしても、あの人、あんなに不機嫌そうだったのに、なにかあったのかな・・・。

でも、ただの1輪のバラだけど、渡してみたら、なんか嬉しそうだったなぁ。急にいい人に見えてきた。

 

あんなに明るい顔になって、あたしのほうもびっくりした!

 

バラの花はなくなってしまったけれど。
なんか、あたしも嬉しい。なんだろう、この感覚。

 

今日はいい日だな!

 

 

 

・・・翌日。

昨日、買った香りを部屋に1プッシュしてみる。

昨日のことが思い出されて、ニヤニヤしてくる。

いつの間にか、昨日のスペシャルな1日が記憶になった。

 

(・・・でも、知らない人にプレゼントするとか、もうやらないけどね!)

 

ダウンロードして質問に答えると5分であなたに合った香りのタイプがわかります

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分らしく生きるには」ということに興味が湧き、それを表現する手段として香りのデザインを学びました。これからは「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、自分らしさを発信する方の手助けができればと思っています。

Copyright© アトリエ朝風 , 2018 All Rights Reserved.